安心して来店できるお店・高品質の商品を高い技術力で任せられる|かつら増毛のセンタリング

かつらメーカーが最近”かつら”と言わず”増毛”と言う?

  • HOME »
  • かつらメーカーが最近”かつら”と言わず”増毛”と言う?
かつらメーカーが最近”かつら”と言わず”増毛”と言う?

増毛とかつら、どちらも「毛を増やす」方法なのに、どこがどう違うものなのでしょうか。
似ているようで違う2つの髪のボリュームアップの方法。

髪をボリュームアップさせ、理想のヘアスタイルに近づけるという点では両者は同じですが、その方法は全く違います。
まず増毛ですが、こちらは地毛を土台にして人工毛や人毛を結び付ける方法です。

結着式ですと、地毛1本1本に複数の毛を結びつけ、まるで地肌から毛が生えて増えているような自然な仕上がりを目指しています。
「薄毛が気になる部分を覆い隠す」のではなく、「1本1本増やすように毛を着ける」というイメージです。
毛を結び付けるために土台となる地毛と、頭皮が健康であれば、基本的にはどの場所にでも増毛が可能です。
部分的に増やしたり、全体的にボリュームアップさせたり、髪の状態と希望に合わせて色や本数、増毛箇所を選ぶことができます。
必要なのは、健康な地毛や地肌と、増毛に使用する毛だけです。
一方かつらは、特殊なネットに人工毛や人毛が取り付けられており、そちらを薄毛などの気になる部分に取り付けます。

気になる場所が自然にボリュームアップでき、なおかつ周りの地毛に溶け込むように、色やボリューム、範囲を決めて装着します。
比較的、お手軽な髪のボリュームアップ法です。
「気になる部分に直接かぶせてカバーする」というイメージでしょうか。
ネットから現在生えている地毛を出すというタイプもあります。
かつらは髪が生えていない部分でも、周りに地毛が生えていれば装着が可能であることが強みです。
ネット状のかつらは、特殊な糸を使用し周りの地毛に結びつける編込み式方法と、接着ノリを使用して地肌に張り付ける方法またテープやピンを使用して固定するものがあります。
メーカーによってはこれらの物を編込み式増毛貼り付け式増毛と呼んでいる場合もあります。
これらの商品は装着したままシャンプーはできますが、多少地肌は洗いづらくなってしまいます。
ピンでの固定は、糸での固定よりは不安定で、風などの衝撃には弱いといえるでしょう。
またかつらをピンによって数か所、ピンポイントで地毛に留めているため、同じ箇所の地毛を固定に使用し続けると、部分的に負担がかかってしまいます。
ですので、定期的にピンで固定する箇所を変える必要があります。
アクティブに行動しない日や、本当に一時的に髪をボリュームアップさせたい場合、おしゃれ目的で例えずれたりはずれたりしても問題ないという場合であれば、着脱が非常に簡単なのでよいでしょう。
増毛とかつら、違いがお分かりいただけたでしょうか。
髪のボリュームアップ法は、多くの選択肢があり、目的は同じですが方法は大きく違います。

違いをそれぞれ知り、自分に最適な方法を見つけ出したいものですよね。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 0120-183-946 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休

2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

日曜日

土曜日

定休日

PAGETOP
Copyright © かつら増毛のセンタリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.